読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんねるの日々

楽しい介護

【映画】永遠の0

永遠の0の映画を観てきた。泣いたあ。原作を読んでいたのでどうなるかを知っていたがそれでも泣けた。
戦争の悲惨さ、生きてることの素晴らしさ、家族愛など考えさせられる事がたくさんあった。
映像もVFXがすごくて、空中のシーンは本当に自分が飛んでいるような気がした。
 
ひとつ気になったのは、姉の慶子にいいよっていた新聞記事のくだりがバッサリなくなっていたことだ。
ストーリー的にいなくても問題ないし、時間的にも入れ込むのは無理だったのかもしれない。

ひねくれた見方かもしれないけど、戦争は新聞社が起こしたものだみたいなくだりが原作にあって、それなのに映画製作で新聞社からの提供を受けているから、カットされたのかなーって思っちゃった!

特攻なんて無意味だからやめようと現場からいくら言っても聞き入れられなかったり、現場を知らない幹部の一存で物事が決まったり、幹部は出世しか考えてなかったり。
世間も戦争中は兵士をもてはやしてたのに、戦争が終わったとたん戦犯扱いになったり。
これって、現代の日本にも当てはまるなぁ。